閉じる

最近のブログ

カテゴリー

ただ小さくするだけではダメなんです

2021.11.19

おはようございます!
シンプルノート東村山スタジオの染矢です。

さて、今回は…
『コスト削減のために家を小さくする』
こんなテーマでお話しいたしますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

家のコストを抑える方法の1つとして
家を小さくすること」が挙げられます。

なぜなら、家を小さくすれば
家そのものが安くなるだけではなく
「光熱費」や「固定資産税」も
安くなるからです。

また、家を小さくすると
必要となる土地も小さくなるので
土地そのものも安く買えますし
土地の「固定資産税」や「外構費用」も
安くなります

さらに
「土地・家・外構」の全てが安くなれば
銀行からの借入額が減り
住宅ローン金利の支払いも安くなります。

このように、家を小さくすることは
今後あなたにかかり続ける負担を
確実に軽減してくれる得策なのです。

ぜひ実践していただきたいのですが
ただ、そのやり方を間違えてしまうと
肝心の生活に支障が出てしまいます…

つまり
「ただ単に家を小さくすればいい」
というだけではなく
生活の質を一切落とすことなく
価格だけを落とせるように
コストを「かけるべきところ」と
「かけるべきではないところ」を
正しく理解しておかないといけない
というわけですね。

例えば、2階建ての家を小さくする場合
懸念されることは1階に収納が不足することです。

コストのことだけを考えて小さくした場合
土地代を抑えるために1階をとにかく狭くして
LDK以外の部屋をつくらないでしょうから
物を収納する場所に困ります。

その結果、いつも散らかっている
居心地の悪いLDKになってしまうのです。
たとえあなたが
こまめに片付けができる人だとしても。

また
1階に部屋がないと、足腰が悪くなった時には
お金をかけて増改築しなければならなくなります。
つまり、将来、余分な出費が増えるかもしれない
というわけですね。

洗濯の動線もややこしくなります。
2階のベランダで干す場合
いちいち持ち運びするのも面倒ですし
取り込んだ後のたたむ作業と片付ける作業が
非効率になりやすいのも欠点です。

そんなこんなで、予算を圧縮したい場合は
家を平屋にすることをオススメしています。
全てがワンフロアで完結できたら
収納問題も動線問題も老後の部屋不足問題も
解決できてしまうので。

2階建・平屋に共通する問題点

しかし、2階建にせよ、平屋にせよ
プライバシーが担保されるような
間取りを考えて計画することが肝心です。

光は届くけど、視線が気になるリビングは
決して居心地がいいものではありませんし
光が届きにくいキッチンや水回りは
暗くて気持ちのいいものではありませんので

また、プライバシーが担保されてない家は
防犯性も決して高いとは言えません。
窓のサイズや配置を見ただけで
そこがなんの部屋か分かりますし
電気がついているかどうかで
誰がどこに居るのかも分かってしまうからです。

そして、これらの問題点は必然的に
外構工事でカバーすることになるのですが
家の中が見られにくいように
目隠しをつくったり植栽をたくさん植えたり
また、侵入を防ぐための頑丈な塀を建てたり
門扉をつくったりするとなれば
とんでもないコストが発生するのです。

つまり、家の価格は抑えたものの
外構工事の費用が高くついてしまうため
結局、全然安くなかったということに
なるかもしれないということです。

「プライバシーの担保」が全ての解決策

そんなこんなで、住みやすい家にするためには
「プライバシーの担保」が必要不可欠なのですが
プライバシーが担保された住まいは
カーテンのコストや土地や外構工事にかかる費用は
圧倒的に抑えられるものの
建築コストはどうしても割高になってしまいます。

それゆえ、建築コストを少しでも抑えるために
合理的に家を小さくしなければいけません
もちろん住みやすさや使いやすさを一切損なうことなく。

居心地のいい住まいをつくろうとすれば
どうしても建築コストは割高になるので
その分、何かを削ることで家を小さくして
コストを落とさなくてはいけない

このポイントをしっかり押さえて
家づくりをしてくださいね。

それではまた!

 


カテゴリ:blogs, ブログ
↑TOP