閉じる

最近のブログ

カテゴリー

南向きの土地のメリットとデメリット

2021.6.4

おはようございます!
シンプルノート東村山スタジオの染矢です。

前回までに引き続き
東西南北それぞれの向きで違う
「土地のメリットとデメリット」
こちらのテーマでお話しいたします。

第4回目の今回は「南」!
南向きの土地の
メリット・デメリットを
詳しくお伝えしていきますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

南向きの土地は
「最も人気がある土地」であり
かつ「最も資産価値が高い土地」である
と考えられています。

その理由は
・居住スペースに採光を確保しやすい
・間取りの自由度が高い
・道路から人目につきやすく防犯性が高い
・開放的な外観にしやすい

このように考えられているからなのですが
これらのメリットは
南向きの土地を購入した全ての方に
確実にもたらされるものなのでしょうか?

例えば、南向きの土地に建つ家の多くは
その恩恵を享受するために
基本的に南側に居室を配置し
それぞれの部屋に大きな窓をつくっています。

しかし、これらは一見
南からの採光を確保しているかのように思えますが
実はその窓は、カーテンで閉め切らざるを得ません。
なぜなら、外からの視線が気になるからです。

また、直射日光が入ってくる場所が増えれば
家の中が暑くなりやすいですし
テレビに光が反射して観づらいですし
直射日光の中に含まれる紫外線で
床や家具が焼けやすくなってしまいます。

外からの視線のみならず、こういった理由も合わさって
カーテンを閉め切ったままにせざるを得なくなる
というわけです。

その結果、逆に家の中が薄暗くなってしまうのです。

 

︎間取りの自由度は本当に高いのか?

南向きの土地を買う最大の理由は
「居住スペースを南に確保しやすいから」です。

となると、南に居住スペースを配置し
かつ南に配置した部屋の南面には
大きな窓を設置することを前提として
間取りを決めていってしまいます。

つまり、南向きの土地を買った時点で
自ずと、ある程度の間取りが決まってしまう
というわけなのです。
そう考えると、間取りの自由度も
決して高いとは言えないと思いませんか?

わざわざ他よりも高額な
採光が確保しやすい南向きの土地を買ったのに
あえて南に居住スペースや窓をつくらないという
選択が出来るのならば話は別ですが。。。

 

防犯性は高くなるのか?

南向きの土地は
南側に居住スペースをつくり
かつ、その南に大きな窓がある家が建つことから
ある意味、防犯性が高いと言えます。

外から家の中が丸見えになる
オープンな家になるからです。

しかし、こういったお家は
窓を見ただけで家の間取りが分かってしまいますし
夜には照明が点いているかいないかで
どの部屋を使っていて、どの部屋を使っていないかが
簡単に分かってしまいます。

また、プライバシーを確保するために
目隠しや塀などを庭につくってしまうと
せっかく丸見えになっていた庭を
隠してしまうことになり
防犯性は悪くなってしまいます。

それゆえ、防犯性の高さを維持するためには
プライバシーを犠牲にし続ける覚悟が必要となります。

あるいは、常にカーテンが閉まったままの
薄暗い家に住み続ける覚悟が必要となります。
さらに、どの部屋も夜ずっと電気をつけたまま
暮らすようにしなければいけない
というわけですね。

 

開放的な外観ってどういうこと?

空を眺めることができて
家の中から庭や緑を眺めることもできて
かつ視覚的に空間の広がりも感じられる
そんな開放感たっぷりの空間ができれば
毎日をとっても心地よく過ごすことが可能となります。

しかし、この空間をつくることと
外観が開放的であることは一切関係がありません。
外観を開放的につくればつくるほど
外からの視線を防ぐためにカーテンが必要となり
家の中が薄暗くなってしまうからです。

それゆえ
空や外を眺めることができるようにするためには
そもそもカーテンをつける必要のない窓を
つくらないといけないのですが
実は、それを実現するのが最も難しいのが
この南向きの土地なのです。

ですから、こういった点も踏まえて
土地選びをしていただきたいと思っております。

個人的には、南向きの土地こそ
一番選ぶべきではない土地なのではないかと
思っているほどです。

南向きの土地は
必ずしも一番いい土地ではないのです。
最も高い価格で購入したにもかかわらず
最も住みにくい家をつくってしまう
そんな可能性を持っているのですから…

それではまた!

 


カテゴリ:blogs
↑TOP