閉じる

最近のブログ

カテゴリー

西向きの土地のメリットとデメリット

2021.5.21

おはようございます!
シンプルノート東村山スタジオの染矢です。

前回に引き続き
東西南北それぞれの向きで違う
「土地のメリットとデメリット」
こちらのテーマでお話しいたします。

第2回目の今回は「西」!
西向きの土地の
メリット・デメリットを
詳しくお伝えしていきますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「南向きの土地が一番良い」
一般的には言われていますが
この南向きの土地にも
デメリットは存在します

そして
南向き以外の土地といえば
デメリットが強調されがちですが
東、西、北それぞれに
その土地ならではの
メリットも存在しているのです

 

西向きの土地について

まず、西向きの土地のメリットとして
一般的に言われていることといえば
居住スペースを全て南に配置出来る
ということです。

東向きの土地と全く同じですね。

ですから、東向きの土地同様に
全ての部屋を南に配置した場合
2階はまだしも、1階の南の窓から見える景色は
南に建っている家の裏側となります。

つまり、給湯器やエアコンの室外機置き場
また、ゴミ置き場となっているであろう
ゴチャゴチャした汚い景色を眺めて過ごすことになる
というわけですね。

そして、それを避けるために
常にカーテンを閉めておく
余分なコストをかけ目隠しや植栽などをつくることで
その汚い景色を防がざるを得なくなってしまいます。

ここまで全て
東向きの土地のデメリットと同じですね。

 

また、西向きの土地は
午後からの日当たりが良さそうに思いますが
その恩恵を受けるために
西面に大きな窓をつくってしまうと
厳しい西日をずっと浴び続けることになります。

となると、夏場、家の中が暑くなりやすく
結果、光熱費がかさんでしまうことになります。

そして、厳しい紫外線を浴び続けることによって
床材や家具やカーテンなども焼けてしまいます

また、東向きの土地と同じように
周りの人の目も気になりますよね…

そして、それらを防ぐために
ずっとカーテンを閉めっぱなしに
せざるを得なくなってしまいます

結果、家の中が薄暗くなり
日中ずっと照明が必要な家になってしまう
というわけです。

 

さらに、西向きの土地は東向きの土地同様に
隣家が近くに建っているにもかかわらず
一番南にリビングを配置しようとすれば
光がほとんど入ってこなくなってしまいます

結果、西からの光も南からの光も
充分に採り込むことが出来ない
暗い家になってしまうというわけです。

さらに、東に家が建っている場合は
午前中も光が採りにくくなってしまうのです

 

西向きの土地で住みやすい家を建てるには?

大切なことは
周囲から丸見えにならないようにしつつ
家全体が明るくなるように採光を確保する
ということです。

つまりプライバシーと明るさを両立させる
ということですね。

そしてそのためには
接道面である西の窓を最小限にしながら
リビング・ダイニング・キッチンはもちろん
洗面脱衣室や寝室・子供部屋が明るくなるように
計画的に窓をつくることを意識した
間取りを考えなければいけないわけですが
これを実現するためには
以下のすべてを頭の中から
リセットしていただく必要があります。

・居住スペースは全て南に配置する
・日影には家を建てない
・子供部屋は2階につくる
・水まわりは基本的に北に配置する
・階段は日当たりが良い南にはつくらない

多くの方がこの5つを前提として
家づくりをしてしまいがちですが
実は、これらは
住みにくい家をつくる大きな原因
でもあるのです。

ですから、まずはこれらの固定概念を
一度、頭の中から取り除くことが
とても重要となります。

そして、それが出来れば
間取りの選択肢が一気に増えますし
土地選びの自由度も格段に上がるのです。

土地の日当たりの良し悪しに関係なく
どんな土地でも光が差し込む
明るくカラッとした家を建てることも
可能となるのです。

ということで
西向きの土地でも、間取り次第で
明るく住みやすい家にすることが出来るので
西向きの土地のネガティブなイメージは
一度、取り払ってから土地選びをしてみてくださいね。

それではまた!

 


カテゴリ:blogs
↑TOP