閉じる

最近のブログ

カテゴリー

東向きの土地のメリットとデメリット

2021.5.14

おはようございます!
シンプルノート東村山スタジオの染矢です。

さて、今回から
「土地のメリットとデメリット」
について
東・西・南・北の4回に分けて
詳しくお伝えします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「南向きの土地が一番良い」
一般的には言われていますが
この南向きの土地にも
デメリットは存在します

そして
南向き以外の土地といえば
デメリットが強調されがちですが
北、東、西、それぞれに
その土地ならではの
メリットも存在しているのです

第1回目の今回は「東」!
東向きの土地の
メリット・デメリットを
詳しくお伝えいたします。

 

東向きの土地について

東向きの土地の場合
まず『朝日が入りやすい』という
メリットがあると考えられていますが
このメリットをそのまま取り入れるために
東側に大きな窓をつくってしまったら…

家の中が外から丸見えになってしまいます・・・

そして、それを防ぐために
カーテンをつけざるを得なくなりますし
さらに丸見えになっているから
そのカーテンは常に閉めておかないといけません

結果、カーテンのせいで
家の中が薄暗くなってしまい
日中もずっと照明をつけておかないと
いけなくなるのです…

また、台風の時に備えて
その窓にシャッターまで設置するとなれば
その分、コストがかさむだけではなく
家の景観までも崩してしまうことになります。

高いお金を出して建てるのですから
せめて家の正面ぐらいは
美しく保ちたいと思いませんか?

 

次に、東側接道の土地は
居住スペースを全て南向きに出来る
というメリットがあると考えられていますが
これは、玄関を南に配置する必要がないからです。

しかし、ここで考えていただきたいことは
そもそも居住スペースを
全て南に配置する必要があるかどうか?
ということです。

全ての部屋を南に配置した場合
2階はまだしも、1階の南の窓から見える景色は
南に建っている家の裏側となります

つまり、給湯器やエアコンの室外機置き場
また、ゴミ置き場となっているであろう
ゴチャゴチャした汚い場所を眺めて過ごすことになる
というわけです。

あるいは、それを避けるために
リビングの窓のカーテンを常に閉めておく
余分なコストをかけ、目隠しや植栽などをつくり
汚い景観を防がざるを得なくなるというわけです。

また、東向きの土地の場合
隣家が近くに建っているにもかかわらず
一番南にリビングを配置すれば
リビングには光が入りづらくなります

そして
光が入りづらいことで、冬は寒くなりやすく
その結果、光熱費も高くなってしまいます

いかがですか?

周囲の環境を考慮して間取りをつくらないと
本来メリットと考えられているようなことすら
逆にデメリットになってしまうということを
ご理解いただけたのではないでしょうか

それゆえ、このようなデメリットが生じないよう
間取りを考えていかなければいけません。

 

そもそも、全室南向きである必要はあるのか?

多くの方が居住スペースを
出来るだけ南に配置しようとしますが
果たしてその必要はあるのでしょうか?

例えば、寝室はどうでしょうか?

あなたは一体何時から何時まで
この部屋を使っているのでしょうか?
そして、寝ている時間以外
この部屋で過ごすことはあるのでしょうか?

また、子供部屋に関しても
南向きの部屋である必要があるのでしょうか?

子供部屋を子供部屋として使用する期間は
果たして一体どれくらいあるのでしょうか?
そして、子供たちが家を出て行った後は
その部屋をどのように使用するのでしょうか?

これらの部屋は、明るくあるべきではあるものの
そのために必ずしも南向きにする必要はない
と思いませんか?

このように部屋の向きを
必ずしも南向きにしなくてよくなれば
ずいぶんと間取りの自由度が上がり
敷地をより有効活用できるようになり
結果的に先述のデメリットの数々を
すべて解消しやすくなるのです。

ということで
東向きの土地で家を建てる予定の方は
東向きの土地のメリットだけではなく
デメリットもよく理解した上で
そのデメリットを解消できる間取りかどうかを
頭の中でシュミレーションしながら
計画を進めてくださいね。

それではまた!

 


カテゴリ:blogs
↑TOP