閉じる

最近のブログ

カテゴリー

せっかくの機会を逃す「先入観」の話

2021.3.9

おはようございます!
シンプルノート東村山スタジオの染矢です。

さて、今回は…
せっかくの機会を逃してしまう『先入観』
について
お話しさせていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日、知り合いの方から
「この間、銀行の窓口でiDeCo(イデコ)っていう
カクテイキョシュツネンキン?っていうのを
ものすごく勧められたんだけど、銀行の説明では
イマイチよく分からなくて…」
相談を受けました。

銀行で勧められたその日
帰宅してから奥様にも話したそうなのですが
「そんなの絶対に怪しい!」の一点張り
話にならなかったのだそうです。

それでも、どうしても気になって
私がFPの資格を持っていることを思い出し
相談してみようと連絡をくれたのだそうです。

私の知り得る限りの知識を全て話して
「奥様も働いていらっしゃるのなら
ぜひ一緒に加入した方が良い」と勧めました。

こちらのブログでもiDeCoについては
何度かお話しさせていただいているのですが
iDeCoは国民年金・厚生年金に上積みして
個人で加入する「個人型確定拠出年金」なのですが
その商品の中には「投資信託」もあることから
「投資=損をするかもしれない」という
先入観が強くある方は、内容をよく理解するより先に
反発の感情が芽生えて跳ねのけてしまうのです。

その結果、内容的には
入った方が良いものであるにもかかわらず
機会を逃してしまっているんですよね…

iDeCoの商品の中には「投資信託」だけではなく
「元本確保の定期預金」もあるので
損をする心配がいらないのにも関わらず…

私がこんなに強くiDeCoをお勧めするのも
なんせ、掛金は全て所得控除になるので
掛けている期間中ずっと
「所得税」と「住民税」の両方を節税できる
住民税を節税することによって
結果的に子供の保育料まで安くなる場合もあるから
なのですが…

 

本質を見落とさせてしまう先入観

資産運用と聞くと
「怪しい」とか「騙される」とか「大損をする」
というイメージがつきまとうように
家づくりにおいても
ネガティブな要素のイメージが
多くの方に強く浸透していたりします。

例えば「デザイン性が高い家」というのは
「見た目ばかりこだわって
住みやすさを無視している」とか
「ものすごく価格が高い」という
イメージが先行しがちにあります。

確かに、そのような家も存在するでしょう。
それゆえ、そういったイメージが先行してしまう
というのもまた1つの事実なんだと思います。

ですが、デザイン性が高い家の全てが
住み心地を無視しているわけでもなければ
コストを無視しているわけでもありません。

実際、弊社は住みやすさにも焦点を当てているので
洗濯や片付け、掃除などの家事負担を軽減できる
そんな間取りをご提案させていただいております。

また、少しでもローンの負担を軽減するために
性能を一切損なうことなく
家のコストを落とす工夫もしていますし
家だけに限らず、土地購入や外構工事のコストをも
削減できるような家づくりを
ご提案させていただいています。

 

「食わず嫌い」という言葉があるように
私たちは、実際に体験したこともないのに
単なる先入観だけで
物事を判断してしまいがちです。
これは、時として大切な本質を見落としてしまう
大きな要因となってしまうのです。

家づくりにおいても同様です。

ですから、家づくりでも
なんとなくの先入観に支配されることなく
きちんと調べて、考えて
フラットな状態で物事を判断してください。

きちんと調べて考えて判断したその先には
得をすることはあっても
損をすることはありませんので!

それではまた!

 


カテゴリ:blogs
↑TOP