閉じる

最近のブログ

カテゴリー

快適な家のカギを握るのは…

2021.2.9

おはようございます!
シンプルノート東村山スタジオの染矢です。

さて、今回は…
「本当に快適な暮らしやすい家」について
お話しさせていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ストレスを感じることなく
自宅で快適に過ごすためには
家事にかかる負担を軽減することも
大切な条件の1つではないでしょうか?

というのも、共働きが当たり前の現代
男女平等の意識は高まっているものの
まだ、夫人にかかる家事負担の割合は大きく
仕事・家事・育児のほぼ全てをこなしていて
自宅でゆっくり過ごすことが
なかなか出来ないという現状があるからです。

それゆえ、家づくりをする時には
家事への負担を合理的に軽減できる
間取りづくりを意識しなればいけません。

 

例えば、毎日しなければならない洗濯では
いかに『干しに行く手間』と『取り込み片付ける手間』の
両方をカットできるかが負担軽減のカギとなるわけです。

では
当たり前だと思われている間取りの家で
実際これらを実現できている家は
一体どれくらいあるのでしょうか?

もし、洗濯物を2階に干しに行くのであれば
その動線は決して短いとは言えません。

なぜなら、1階の北に位置する脱衣室から
2階の南に位置するベランダまでの最も長い距離を
毎日持ち運びしなければならなくなるからです。

歳をとって足腰が弱くなった場合
この動線の距離と階段は
かなり辛い苦痛となるかもしれませんね。

また、2階への持ち運びが面倒だからと
キッチンや脱衣室に勝手口をつくり
隣との間に洗濯テラスを設置して
そこに干している家もありますが
これは、移動距離こそ短くなったものの
逆に取り込む作業に手間がかかることになります。

2階のベランダであれば
そのままベランダに直結している部屋に
洗濯物を取り込むことが出来るのに対して
この動線では、勝手口を通じて
外と中を何度も出入りしないと
いけなくなってしまいますからね。

さらに、ベランダにせよ、洗濯テラスにせよ
隣近所からその姿が丸見えになってしまうため
ノーメイクやパジャマの状態では
その作業をやりづらいというデメリットもありますし
昼間、干しっぱなしになっている洗濯物が
風でどこかに飛ばされてしまうことだって
充分あり得ますね。。。

 

衣類の片付けに関しても
よく考えて収納をつくらないと、これもまた
洗濯作業の無駄な負担を増やす原因となってしまうし
それだけではなく、少し油断するとすぐに散らかる
いつも片付かない、生活感満載の家をつくりあげてしまう
大きな原因にもなってしまうのです。

それゆえ、洗濯という家事1つをとっても
一連の作業全体のことを考えた上で
間取りを考える必要があるのです。

 

片付きやすいかどうかも間取り次第

快適な住まいにするためには
掃除や片付けの負担を減らすことも
忘れてはならない大切な要素ですが
これを考えるにあたり、最もやってはいけないコトが
「手当たり次第に収納をたくさんつくること」です。

収納をたくさんつくってしまうと
床面積が大きくなり、その結果
家のコストが跳ね上がってしまうからです。
それゆえ、片付けの負担を減らすためには
合理的に間取りを考える必要があります。

 

例えば、いつも過ごすリビングで使うものは
細々としたものが多いと思いますが
これらを管理しやすい収納とは
一体どのような収納でしょうか?

「奥行きが深い収納」ですか?

奥行きの深い収納の手前にモノを置くと
奥のモノが分からなくなって見つけられず
本当はあるのに、また買ってしまうといった
無駄な出費の連鎖を生みだしかねません。

収納したものを把握していたとしても
奥のモノを取り出す時には
いちいち手前のモノを出さないといけません。

ですから「奥行きが深い収納」は
管理しやすい収納とは、決して言えませんね。

 

では「あちこちに分散してつくられた収納」なら?

あちこちに分散してつくられた収納に
家族みんながそれぞれ適当に片付けようものなら
いつのまにか、どこに何があるのやら
分からなくなってしまいます。

ですから「あちこちに分散してつくられた収納」も
管理しやすい収納とは、決して言えませんね。

 

例えば、リビングに散らかるのは
子どもたちの物がほとんどなのですが
収納を増やすことなく、これを解決するためには
一体どうすればいいでしょうか?

その答えは、住み始めてすぐから
子ども部屋を使いやすくすることなのです。

では、当たり前と思われている間取りに多い
「子ども部屋を2階につくること」
果たして使いやすい間取りだと言えるでしょうか?

子どもが多くの時間を過ごすリビングのそばに
子ども部屋があれば、子ども達も使いやすく
リビングに持ってきた物も、きちんと自分の部屋に
片づけるのではないでしょうか?

 

「片付けやすく散らかりにくい家」
実現することができれば
掃除が楽になり、手間も負担も減るのです。

それに加えて
「ホコリが溜まる場所」を減らすことができれば
さらに掃除の手間をカットできます。

使う必要がない無駄な材料をどんどん省いていけば
コストを省きながらも掃除の手間まで省ける
まさに一石二鳥というわけです!

いかがですか?

快適性の定義を、家の中の温熱環境だけだと
思い込んでしまっている方も多くいらっしゃいますが
より高い快適性を実現するためには
温熱環境だけではなく、前回お伝えさせていただいた
「光と開放感とプライバシーの確保を
同時に実現すること」

そして今回お伝えさせていただいた
「日々の家事負担をいかに減らすことができるか」
非常に大切な要素となります。

ですから、これらをしっかりと意識しながら
「本当に暮らしやすい快適な家」
実現してください。

そして、そのカギを握っているのは
「間取り」であることを忘れないでくださいね。

それではまた!

 


カテゴリ:blogs
↑TOP