閉じる

最近のブログ

カテゴリー

とても大切な「光」の話

2021.1.19

おはようございます!
シンプルノート東村山スタジオの染矢です。

さて、今回は…
家づくりにおける『光』の重要性について
お話しさせていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

家づくりの際に、数年前までは各部屋ごとに
天井の真ん中にシーリングライトと呼ばれる
大きな照明器具を付けるのが主流でした。

この器具の良いところは
寝る時に常夜灯(別名豆球)に出来ることであり
真っ暗な中で寝るのが怖い人にとっては
非常に嬉しい機能だったりします。
夜中、トイレに起きた時も真っ暗じゃないので
安心して行けるという利点もありました。

しかし、この器具はデザイン的な面で言うと
決してカッコいいとは言えないことから
近年は、これに代わってダウンライトと呼ばれる
天井埋込型の小さな照明器具を数多く設置したり
間接照明を随所に使用することが
主流となってきています。

そして弊社でも
主にダウンライトを採用することが多いのですが
配置のバランスを考えて意匠性を高めることはもちろん
部屋や場所によって設置する場所にも気をつけて
より過ごしやすい空間になるように工夫をしています。

例えば、就寝時は主に上を向いて寝るため
基本的にはベッドの真上に器具をつけないように
しています。
シーリングライトなら常夜灯に出来るので問題ないですが
ダウンライトは、たとえ調光機能を利用したとしても
どうしても常夜灯よりも明るくなってしまい
睡眠の妨げになりやすいからです。

リビングも照明の配置をよく考えなければいけません。

太陽の光もそうですが、テレビに照明の光が直接当たると
反射して画面が見えづらくなってしまうからです。

それゆえ、照明器具の使い分けや
配置の工夫をしなければいけないのです。

ダウンライトの設置位置を工夫したり
あるいは、別の器具で光を補助的に補ったり
あるいは、間接照明を使ったり、といった具合に。

 

日中も場所に応じて光の採り方に工夫が必要

そして、この光に対する配慮や工夫は
夜だけではなく、日中においても重要なポイントです。

例えば、寝室は文字通り
「ただ寝るだけの部屋」であるため
基本的には、太陽が出ている間は使うことがありません。
そうして考えると、そもそもこの部屋を
日当たりが良い位置に配置する必要はないのです。

また、子ども部屋にも同じことが言えます。
日当たりが良い南に配置し
さらに、大きな窓をつくってしまった場合…
太陽の光がうっとうしくて
自分の部屋で勉強しにくくなってしまったなんてことも…

ですから、子供部屋も
無理に日当たりが良い場所に配置する必要はないのです。

子供たちは、遅かれ早かれ出て行くわけですし
そうなれば、物置として使うようになる可能性も
充分にあり得ますからね。

寝室や子供室とは対照的に
本来ならば日当たりを良くした方が良い部屋が
なぜか日当たりの悪い場所に配置されています。
「洗面室」や「ランドリールーム」といった
サニタリースペースです。

最近は、アレルギーの問題もあってか
外干しよりも室内干しを希望される方が増えています。
そうなれば、ランドリールームは
出来るだけ直射日光の当たる場所に配置した方が
良いと思いませんか?
直射日光が当たれば、除菌効果も期待できますし。

この他にも
家族が多くの時間を過ごすリビングは
日当たりを最も良くしたいと
誰もがお考えになるでしょうし
その実現のために
リビングを一番日当たりの良い南に配置し
その南面に大きな窓を設置することでしょう。

けれど、そのほとんどの場合が
常にカーテンが閉じられた状態に
なってしまっているのです。
なぜなら、外からリビングが
丸見えになってしまうからです。

また他にも、太陽光が入ってき過ぎて暑いからなのか
あるいは、紫外線で家が傷んでしまうのを防ぐためなのか
あるいは、光がテレビに反射して見にくいせいなのか
あるいは、防犯的な理由なのか
シャッターまで閉めきっているお家も
よくお見かけします。

これでは、光が室内には入ってきませんし
なんのために大きな窓を設置したか分からないですよね?

ですから、日中の自然光も
直接的に採り込むべき場所と
間接的に採り込むべき場所を見極めて
敷地条件に合わせて間取りを考えるべきなのです。

その結果、昼間も夜も
とても過ごしやすいお家が出来るというわけです。

「光」は心地いい暮らしをするために
最も大切な要素と言っても過言ではありません。
それゆえ、昼も夜も大切な「光」を
心地よく感じられるような住まいを意識しながら
間取りを考えていただきたいと思っております。

それではまた!

 


カテゴリ:blogs
↑TOP