閉じる

最近のブログ

カテゴリー

大掃除で苦労しない家のつくり方

2020.12.25

おはようございます!
シンプルノート東村山スタジオの染矢です。

いよいよ今年も残りわずかとなり
大掃除で大変な思いをなさっている方も
いらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は、大掃除の時にも苦労しない
『散らかりにくい家』について
お話しさせていただきますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まずは驚愕の事実を
お伝えしなければいけません。

せっかく家を建てても、半年もしない間に
多くのご家庭のリビングダイニングキッチンが
たくさんのモノで、ごった返してしまうようになります。

確かに、リビングダイニングキッチンは
家族みんながほとんどの時間をそこで過ごすため
『この空間がいつもキレイに片付いている』なんてことは
普通に考えると、あり得ないことなのかもしれません。

しかし、家具や内装にもこだわったその空間を
できるだけスッキリと
かつキレイに保ちたいという願いは
家を建てる誰もが持っているのではないでしょうか?

そのためには
こまめに掃除&片付けをする必要があるのですが
その片付いた状態を継続して保ちやすくするためには
散らかりがちになってしまう、そもそもの原因を
間取りで解決することが必要不可欠となるのです。

では、家が散らかりがちになってしまう
そもそもの原因とは一体何なのでしょうか?

 

原因その1:プライベートルームが全て2階にある

一般的に、家づくりでは
『1階がパブリックスペース』(家族共有のスペース)
『2階がプライベートスペース』(家族それぞれのスペース)
これを前提として間取りがつくられます。

つまり寝室も子ども部屋も全て、当たり前のように
2階につくられるということになるのですが
では、子どもたちは建てたすぐから自分たちの部屋を
フル活用するでしょうか?

幼いうちは親の顔が見えて安心できる
リビングで過ごすことがほとんどではないでしょうか?

そして、自分の荷物をわざわざ自分の部屋まで
取りに行くのも片付けに行くのも面倒になり
いつも使うものは全て
いつも居る場所の近くに置くようになります。

つまり、リビング付近にどんどんモノが増えていく
というわけです。

さらに、子どもはもちろんもこと
あなた自身も、普段使いの上着やバッグを
わざわざ2階の自分の部屋まで
持って行ったり、取りに行ったりするでしょうか?

しないですよね…
だって面倒くさいですもんね。(´-ω-`)

結果、ダイニングチェアーやソファーには
いつも着る上着が掛けられていたり
脱ぎっぱなしで放置されていたり
という状態になってしまうのです。

 

原因その2:収納のつくり方が悪い

そして、2つ目の原因が
収納のつくり方が悪いことです。

例えば
一般的な家は2階にスペースが余りがちなので
1階にあまりつくれない収納を
2階で補おうとするのですが
そもそも1階に収納が無かったり、収納が少ないことって
とっても不便で問題だと思いませんか?

また、至る所に分散してたくさん収納をつくるのも
決してオススメ出来ない収納のつくり方です。

収納を分散させて、たくさんつくると
どこに何を置いたか分からなくなってしまい
モノが無くなりやすく、非常に管理しづらいです。

必要な時に必要なものが見つけられず
新しく買うことになってしまいます。

そうなると、無駄な出費が増えますし
かつ、モノがどんどん増えていくことで
さらなる収納不足を招く原因にもなるという
負のスパイラルに陥ってしまうのです。

さらに
奥行きが深い収納をたくさんつくることも
決してオススメ出来ない収納のつくり方です。

奥行きが深い収納は、手前にモノを置くと
奥に収納したモノが見えなくなってしまいます。
すなわち、手前が全てデッドスペースとなり
見た目ほど収納することが出来ないのです。

そのデッドスペースにモノを置いてしまうと
奥に置いてあるモノが分からなくなったり
何を収納したのか忘れてしまうため
さらにモノが増えることとなり
結果、さらなる収納不足を招く原因と
なってしまうのです。

 

《 収納のNGパターンまとめ 》
①多くの時間を過ごす1階に収納が少ない、もしくは無い。
②至る所に分散した、たくさんの収納
③奥行きが深い収納

収納に関しては、多くの方が知らず知らずの間に
上記3点の間違いを犯してしまいがちです。

 

共働き世帯が当たり前となった現代では
家を建てる全ての方にとって
「家事の負担をいかに減らすことが出来るか」が
最も重要な課題だと私は思っています。

家づくりの際には、今回お伝えした
「収納の重要性」を、ぜひ反映させてくださいね。

年の瀬の大掃除はもちろんのこと
あなたの毎日の片付けや掃除の手間を
大幅に楽にしてくれるはずですから。

それではまた!

 


カテゴリ:blogs
↑TOP