閉じる

最近のブログ

カテゴリー

将来の明暗を分ける『子ども部屋』

2020.12.22

おはようございます!
シンプルノート東村山スタジオの染矢です。

さて、今回は
『合理的な子ども部屋』について
お話しさせていただきますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

現在、日本人の平均寿命
男性が81歳で女性が87歳と言われています。
これからはもっと延びていくようです

家づくりをする時には
この年齢まで暮らすことを前提として
部屋の広さや多さ、間取りのつくり方を
考えることが必須となります。

つまり、現在あなたが30歳だとしたら
そこで50年間は住み続けることを前提として
現在あなたが40歳だとしたら
そこで40年間は住み続けることを前提として
その間ずっと暮らしやすく
そして、家にかかるコストを最小限に抑えられるように
計画すべきだということになります。

しかし多くの方が、将来のことはさておき
家族が最も多い時期に合わせて
間取りを考えてしまうため
将来、確実に部屋を持て余すことになる
大きな家をつくってしまうのです。

ですが、そのような家を建ててしまったら
あなたの家はいずれ、まるで実家のような
使わない部屋にあふれた家になってしまいます。

なぜなら
いつかは夫婦2人だけで暮らす家になるのですから。

ですから
1つの用途としてしか使わないであろう部屋は
「別の用途も兼ねて使えないか?」
ということを考えながら計画すること
オススメしています。

そうすることで家の面積をカットすることができて
結果、家づくりのコストカットに繋がるのですから。

 

✔ そもそも『子ども部屋』と呼ぶこと自体がおかしい!?

家の広さや部屋数について
まず考えていただきたいのが『子ども部屋』です。

子どもは、まだ小さいうちに
自分の部屋をプライベートスペースとして使うことは
ほとんどありません。

そして、思春期となる中学生くらいになれば
自分の部屋をプライベートスペースとして使うようになりますが
それも束の間で、ほとんどの子どもが進学や就職をキッカケに
家を出て行くのが、定石ではないでしょうか。

そう考えると
子どもが自分の部屋を有意義に使ってくれる期間は
せいぜい6年〜10年ぐらいのものです。
あなたがそこで暮らす40年〜50年という期間の中で。

それゆえ、子どもがプライベ―トスペースとして
自分の部屋を使う以外の期間は
「別の用途として使えないか?」ということを
検討していただきたいのです。

そこは、親御さんが泊まりに来た時の
寝室として使えるでしょう。
そして、将来は収納としても使えます。
あるいは、自分たちの寝室としても使えますし
親御さんを招いて一緒に暮らすこともできます。

つまり、子ども部屋を
多用途に使えるように設計すれば
『和室はいらない』という結論になります。
子供部屋が和室の用途を兼ねるのですから。

また、子ども部屋自体
『あまり広くつくる必要はない』とも
考えられるようになります。

子どもたちはやがて必ず出て行きますし
その後の利用用途を考えても
そんなに広いスペースは必要ないからです。

なんて考えていたら
そもそも『子ども部屋』って呼ぶこと自体がおかしい?
そんな感覚になってしまうのです。。。
ずっと子ども部屋であるわけないので(笑)

このブログでも度々お伝えしていますが
家の面積が大きくなれば、その分、家のコストは高くなります。
現在は、以前に比べて家の性能や材料原価も高くなっているので
なおのことです。

ですから、合理的に家づくりをすることで
無駄な面積をカットして、最小限のコストで
暮らしやすい家を
つくっていただきたい

願っております。

それではまた!


カテゴリ:blogs
↑TOP