閉じる

最近のブログ

カテゴリー

窓が少ないのには「大切な意味」が!! その2

2020.11.20

おはようございます!

シンプルノート東村山スタジオの染矢です。

 

今回は…

「SIMPLE NOTEの家はなぜ窓が少ないのか」

こちらについて、前回とは違った視点から

お話しさせていただきますね。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

前回もお話ししたように

SIMPLE NOTEが手掛ける家の多くは

こちらの写真をご覧いただければ分かるように

家の正面となるファサードに窓がありません。

 

 

もちろん、これにはいくつかの理由があるのですが

前回は「暮らしをより快適にするため」に大切な

2つの理由をお伝えさせていただきましたね。

 

今回は、それとは違う視点からの理由を

お伝えさせていただきますね。

 

SIMPLE NOTEの家の多くは白い外壁材を使っているのですが

白は熱を吸収しにくいため、家の中が暑くなりにくいという

メリットがあります。

そして、白は光を拡散しやすいため家の隅々まで光が届きやすく

家全体がまんべんなく明るくなるというメリットもあります。

 

しかし、白という色は

「最も汚れが目立ちやすい」という欠点があります。

それが理由で白を諦めてしまっている方が多いのもまた

家づくりの「あるある話」ではないでしょうか?

 

それゆえ、白という色に対して

万人が持つネガティブな要素を解消するために

弊社では家の汚れの原因となるモノを

家の正面から一切排除しています。

 

いつも見える、また誰からも見える場所でもある

家の正面が汚く汚れてしまうと

どうしてもその汚れが気になってしまうため

必然的に外壁塗替えのメンテナンス周期が

早まってしまうことになりますね。

 

また、飛び込み訪問で営業に回っている

リフォーム業者の恰好の餌食となりやすく

結果、余分な出費がかさむ可能性が高くなってしまうのです。

 

✔ 家の汚れの一番の原因は「窓」

 

家の外壁を汚す一番の原因は「窓」です。

窓は外壁よりも外側に突き出すため

その窓の上に土埃が溜まります。

雨の日、その汚れが窓の両サイドをつたって

流れていき垂れジミとなるのです。

 

また、屋根の先につける樋も

基本的に家の正面につかないようにしています。

樋から漏れた汚れを含んだ水が外壁をつたって

窓の垂れジミと同じように外壁を汚すのです。

 

窓や雨樋と同様に

キッチン・洗面・トイレ・お風呂などに設置する

換気扇の外部カバーなども外壁を汚す原因となります。

そして、エアコンの配管などは外壁を汚すだけではなく

家の景観を損なう要素にもなるのです。

ですから、家の正面に出ないようにしているのです。

 

これらの要素は

ただ間取図だけを見てプランを決めていたのでは

なくすことが非常に難しいですし

立面図には、窓以外の要素に関しては

基本的には記載されていません。

 

それゆえ、家が完成するまで気付くことが出来ず

出来たお家を見てビックリ!?

なんてことも決して少なくはありません。

 

✔ 汚れないじゃなく、汚れにくくする工夫

 

外にあり雨風にさらされている以上

家を全く汚れないようにすることは不可能です。

 

しかし、汚れにくい外壁材を使ったり

汚れの原因となる部材をなくすことによって

限りなく汚れにくくすることは可能です。

 

弊社では

表面が凸凹していない外壁材を使ったり

メンテナンスしやすい外壁材を使ったり

汚れの原因となる部材をなくすことで

外壁が汚れにくい家をつくっています。

 

そして、その結果、

家の景観をシンプルで美しくすることが可能となり

同時に、その美しさを長期間維持しやすくなるという

2つの相乗効果を生み出すのです。

 

「SIMPLE NOTEの家はなぜ窓が少ないのか」

これでお分かりいただけましたね!

 

「プライバシーが確保された、居心地のいい住まい」

「安心して暮らすための、防犯性の高い住まい」

「美しい景観を維持し続ける、気持ちのいい住まい」

 

そんな家づくりをご希望の方は

お気軽にご相談くださいませ。

 

それではまた!


カテゴリ:blogs
↑TOP