閉じる

最近のブログ

カテゴリー

ハイクオリティな家をローコストで建てる秘訣

2020.10.16

おはようございます!

シンプルノート東村山スタジオの染矢です。

 

今回は

「家の品質を落とすことなく」

「建築コストを抑える」

そんな家づくりについてお話ししますね!

 

シンプルノートスタジオが建てている家の中には

「中庭」をつくっている家があります。

その理由は、中庭をつくるということが

その土地で懸念される問題点を解決するための

最良の手段だからなのです。

 

例えば、周囲が家に囲まれていたり

南に隣接して家が建っている土地の場合

近隣の家から十分な距離を確保できないまま

窓をつくったとしても

その窓から光を採ることはできません

 

それゆえ、家全体に光を届けるために『中庭』をつくることで

近隣の建物から窓までの距離を確保しているわけです。

 

しかし『中庭』をつくるとなれば

どうしても建築コストが割高になってしまいます

 

なぜなら『中庭』をつくると

壁の面積が増えてしまうからなのです。

 

壁の面積が増えるということは

「外壁工事」「内装工事」「断熱工事」

これらにかかるコストが増えてしまうため

建築コストがアップしてしまうということです。

 

さらに、壁の面積が増えるということは

基礎工事」の面積も増えるということであり

「基礎工事」にかかる建築コストもアップすることになります

 

これらの理由から『中庭』がある家は割高になってしまうのです。

 

それでは、ここからは

「予算を一切上げることなく」「品質を一切落とすことなく」

『中庭』がある家を建てる方法をお伝えしていきますね!

 

家の品質を一切落とさず建築コストを抑える工夫

 

家の品質を落とすことなく、建築コストを抑えるためには

2つの工夫が必要になります。

 

工夫1:必要以上に部屋を大きくしない

 

まず1つ目の工夫が

「必要以上に部屋を大きくしない」ということです。

例えば、あなたは寝室にどれくらいの広さを求めますか?

 

10帖?8帖?あるいは6帖?

 

仮にあなたが「寝室は寝るだけのスペース」とお考えで

かつ「寝室にはベッドしか置かない」としたら…

 

ベッドのサイズや個数によっても違いますが

寝るだけのスペースなら6帖もあれば充分です。

6帖の広さがあれば、ダブルベッドを

2台並べて置くことも可能ですからね。

 

となると

10帖でつくるより4帖もカット出来ることになり

結果100万円〜120万円もコストカットできるのです。

 

工夫2:やみくもに部屋を多くつくらない

 

そして2つ目の工夫は

「やみくもに部屋を多くつくらない」ということです。

 

例えば…

「親御さんが泊まりに来た時」や「来客の時のため」の

『和室』は本当に必要な部屋なのでしょうか?

 

仮にこの和室が6帖だとしたら

この部屋には150万円ぐらいコストがかかっているのですが

それをつくったとして、一体どれだけの頻度で

その部屋を利用するのでしょうか?

 

親御さんが泊まりに来た時は

子ども部屋で寝てもらうようにすれば良いわけだし

そもそも、そんなにしょっちゅう

親御さんの来訪や来客があるんでしょうか…

 

家をコンパクトにする方が合理的

 

この2つを意識しながら家づくりをしていただければ

必然的に家はコンパクトになります。

 

そしてその結果

家のコストカットが出来るようになり

コストが上がる要因となる『中庭』をつくったとしても

決して驚くような金額にはなりません。

 

また、家をコンパクトにすれば必然的に光熱費もカットできます。

そして、最小限の光熱費で

家全体を温度差のない快適な空間にできるのです。

 

弊社では、このような考えのもとで

家づくりをご提案させていただいています。

 

「家の品質を落とすことなく」

「建築コストを抑える」

「入居後のランニングコストも抑えられる家」

そんな家づくりにご興味がございましたら

いつでもご相談くださいね。

 

それではまた!


カテゴリ:blogs
↑TOP